翻訳サービス、Web制作、人材派遣ならアークコミュニケーションズ

動画は「構えて観る」時代から「新しい体験をユーザーに提供する」時代へ

Webサイトで動画を"使う"時代

Web制作,スマホ対応,スマホサイト

こんにちは。
アークコミュニケーションズ Web&クロスメディア事業部営業セクションです。

私たちは、お客様とのコミュニケーションの一環として、ニュースレターを配信することにしました。
このニュースレターでは、Webサイトにまつわるちょっとした知識などをお知らせできればと思っていますのでよろしくお願いします。

第3回は動画の活用についてです。

新しいユーザー体験を提供する動画表現

高速、大容量の通信に加えて、小サイズ・高画質な動画フォーマットが実現され、Webサイトで動画を使う機会が増えています。

動画は、製品イメージや取扱説明書、IR(株主総会など)、CSR(活動報告)、社員採用など、さまざまな説明のためにすでに活用されています。これらの動画は「観よう」と構えて視聴するものばかりですが、最近ではそれだけでない活用方法が増えています。たとえば、メインビジュアルやWebサイトの背景における動画の活用がそれです。サイトを開くと同時に動画が再生され、ユーザーはサイト閲覧の自然な動きの中で動画を視聴できます。

動画によって、よりリアルに、よりリッチに、より迫力を持ってコンテンツを伝えることができますので、自社のブランドイメージを表現するには、テキストや写真よりも直感的で印象的だと言えます。動画を使うことでユーザーへ新しい体験を提供できるので、今や注目すべき表現手法となっています。

本格的動画制作から簡単な編集まで

アークコミュニケーションズでは、テレビクオリティの動画制作から、貴社ですでにお持ちの動画編集まで、さまざまな動画制作に対応しています。「自社サイトのイメージを変えたい」「ちょっとした動画を作りたい」「動画は撮ったけれど編集が難しい」など、動画について少しでもご興味をお持ちであれば、私たちにお声がけください。

弊社の動画制作についての詳細は、こちらをご覧ください

ProNet six apart
外国語サイトへの取り組みについて
POWERCMS for MT構築
制作パートナー SOHOスタッフ募集
このページの先頭に戻る